ゴルゴライン モテたいオトコ ~40代の挑戦~

依存体質男からの脱却。逃げるという美学をモットーに突き進む男。40代からの再起、もとい初めて立つ、生きなおす男のブログ。

男のマインドセット ~草ノート~

 

 

成長してモテ男になるには、何かから学びを得て思考しそこから新しい自分のオリジナルを創作していく事が必要、これはある意味義務だろう。

 

 

 

学ぶ中で、有用であろう記事を売っている皆さんご存知のノートという媒体がある。

 

 

そのノートの記事を買って読んでいたが、たまにビックリするほど内容の薄いものが紛れ込んでいてそのクジを引いてしまう事がある。

 

かなり有名な方のノートでもそうだ。短い記事で本より高いこともしばしばある。

 

買って読んだのは私だから勉強代だしあれだが、2分くらいだろうか少しの間、頭がモヤモヤしてしまった事があった。すぐさま立ち直ったので今でもよさげなものは買う事にはしているが。

 

逆に考えればあれで商売が成り立っているのだからすごい。そういう薄いものを求めている方も自分も含めるが、いるのだなと関心した一方で、しかし盲目的な信仰も怖いなとも感じた。いつの時代も形は変われど存在しているんだなと。

 

今はインフルエンサーなるものが存在するが、人が集まるとそれが勝手にトレンドとして承認されてしまい、それが全て正しいものだという誤ったものの見方をしてしまう方が大勢いる。人間の性質自体がそうなのでしかたがないが、傍から見るとわりと滑稽にみえる。

 

 

 

ーーー私の昔話だが、小学生の頃自由な授業があり、どれだけでも先に進んでいいという事だった。皆がゆっくり進めている中、私は家に帰ってもやり続け教科書の終わりの方までやってしまった。

 

そうするとどうだろう、皆が私に勉強を教えてもらいにきだした。

毎回1人、2人、3人・・10人と男女が列をなすこともあった。可愛い子も何かに突き動かされる如くに並んだ。可愛いもんだ。そんな中私の好きな子は来てくれなかったが。。

 

これはある意味インフルエンスだ。そんなに勉強をしたいわけじゃなかったのだろうが、教えてもらうことがトレンドとなりじゃあ俺も私も教えてもらいたいとなった。

 

たまたま勉強だったから良かったかもしれないが、どんなことにでもこれは起きうることかもしれない。

 

皆がそうだそうだと言っているからそうなんだという思考は、「超モテオーラをまとったモテ男」がする思考とはかけ離れているので、もし心当たりがあるのなら気をつけた方がいい。

もちろん偏屈なこじらせ野郎思考で自分はしない!と行動しないのは論外だが、一旦これは本当に自分が求めているものなのか・・と考える必要があるかもしれない。

若しくは考えなくてもできる状態になっておかなくては流されていくだろうーー

 

 

 

 

ノートに戻るが、 

初回でいい記事を購入できれば、発行者に対しての信頼は得られやすい。

これは第一印象と同じようなものだろう。良くない記事だと二度と買いたくないなとなる事が多いんじゃないだろうか。

 

 

ノートは少ない文字数でまとめてある事が多いので、時間をかけずにほぼ要点だけ取り入れることができる場合も多いから気になるものがあれば買うことにしている。

沢山の本を読むことができればノートは本来必要ないものだろうが、身近に感じる人から情報を得ていく、これが時代なんだろう・・と理解しているのとしてないのは違う。

 

基本は良質な本を読んだ方がいいと思う。と本を読んできていない私が言うのもなんだが、今は読むようにしている。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

/ゴルゴライン\