ゴルゴライン モテたいオトコ ~40代の挑戦~

依存体質男からの脱却。逃げるという美学をモットーに突き進む男。40代からの再起、もとい初めて立つ、生きなおす男のブログ。

男のマインドセット 〜自立〜

今回は初めてスマートフォンから投稿してみました。

 

いつも仕事の合間にPCで投稿していたのを帰ってからスマホでツラツラとつまらない内容ですが、ワークしてみました。

 

 

 

 

少し自身を振り返ってみた。

 

 

 

〜私の場合は元々自己肯定感が強い部類の人間だったが、それに自己中心的な要素が絡み合った面倒な男だった。

そこに根拠のない自信も加わり周りからは何かしら浮いた存在であった。

なので他人からすると承認欲求をみたす相手ではなかった為、器の広い方限定でモテる、というよりは自分勝手な短期間限定で先細るモテであった。

 

その時代は長きにわたり、最近その海からようやく岸に上がってきたという一般的にみると稀有な存在であり、またそれでやってこれたヤバイ人間でもある。

 

そこに加え周囲の目、どう映っているのかも気になっていた複雑な人間だ。

 

 

その生き方に限界を感じ、変わることを自身でコミットするに至り1年間の修行を課してきた次第だ。

 

人との関係を築くにあたり強烈な劇薬を投下することを己に課した〜

 

 

 

多くの方もそうだとは思うが、周りを気にして本音で意見をいえない自分をつくりあげてしまう事があるだろう。

 

 

日本人にはこのタイプは多いのではないだろうか。私はこのタイプでありまた自分本位でもある。

 

周りと同調することが優しさだと勘違いしている。なんでも「まぁいいよ」と流すわけだ。

 

しかしこれは優しさではなく相手に失礼な行為であって、相手の心にも響かない。

 

 

 

ではどうすればいいのか。

 

 

キーワードは自立だ。

依存から抜け出さないといけない。

 

 

皆何かに依存して生きているが、自分の頭で考え行動し、その結果に対して責任をとり他人のせいにせず、なすりつけないことだ。そうすれば相手を責める事もない。

 

他人の頭で動くという事は自分の人生を生きていない事と同じだ。

軸がなくフワフワしていて頼りない人間になってしまう。

 

 

この依存から抜け出すのは簡単な事ではないと思う。

 

 

 

自立するには、今ある環境を変える事が手っ取り早いだろう。

 

あくまでも手取り早い方法だが、それは頼りにしている人間から離れることだ。

その方達が自分の理想で甘えているだけなら話は別だが、腐った連中なら時間を無駄にしていることだろう。居心地がいいので覚悟を決めないと難しいだろう。

 

 

また人により、環境によってそれが履行出来ないこともあるはずだ。それは家庭だったり会社の人間関係や親子関係と断ち切ることが出来ないものもある。

 

どうしてもできない場合は、自分と向き合う時間を多くとり生産的な情報のみを取り入れるといいと思う。

 

 

 

なにかわからないことがあれば直ぐに回答を求めるのは男前な人間がする事ではない。

自分が変わる事でしか明るい今はない。

 

 

 

次は守破離についても考えてみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

/ゴルゴライン\