ゴルゴライン モテたいオトコ ~40代の挑戦~

依存体質男からの脱却。逃げるという美学をモットーに突き進む男。40代からの再起、もとい初めて立つ、生きなおす男のブログ。

超モテオーラを放つ為に ~原点回帰~

超モテオーラ。これは私の個人的な願望で理想の形なのだが、そこにいるだけでオーラが放たれ、近づきたい側にいたいと思わせる人になることだ。もちろん小手先テックニックもないとただのマスコットで終わるが。。

 

1年間色々あったが、現在理想に着実に近づいている。ただ小手先のテクニックも必要でまだ足りないし積み上げが必要だ。

 

 

幼少のころからだが生まれながらに良くも悪くも環境に恵まれ鬼のマインドを備えた人間を過去にみてきた。

しかし圧倒的多数の方が恵まれていない中にいて殆どの方はそうなれていないと思う。

 

その他わかりやすいのは社長や長がつく方は人格は別としてモテるマインドは少なからず身についていると思う。それは金ではない。視野の広さ、視点、責任感、危機管理などモテ要素は多い。人間力のバランスがある程度とれていて魅力的なのだ。かといって平社員や派遣、アルバイトが人間力がない訳じゃない。傾向が強いという事だ。

 

 

さてじゃあどうすれば、鬼のマインドを手にできるのか。。どこから手を付けていけばいいのか。。。

 

 

 

前のブログにも記述したが、自分の中のトリガー(引き金)を引くことは必須だ。コミットしてやり抜くことだ。ここの何がトリガーになるのかなんだけど、人それぞれなので何とも言えないが。。ここが決まれば半分成功だろう。絶対に譲れないもの。。べつにぃ~という方は無理だろう。即退場だ。人にはそれが解る時期があると思うし、強要はできない。

 

 

昔みた映画で『生きてこそ』というイーサンホーク主演の飛行機墜落系の映画があったが、生き残りの連中は皆大成しているみたいだ。なので気づかされる出来事が必要なこともある。

 

 

私はトリガーを引けた。オナ禁をすることで思考が可能になり自分がシューターだという事を思い出し引き金に手をかけることができた。

今数えてみたら今日で383日になっている。

オナ禁は劇薬のようなもので、それだけに厳しい戦いになることだろう。様々な言い訳が脳裏をよぎるし、ボクサーのようなストイックさが必要になるだろう。

 

 

オナニーをしている自分をフカンしてみてくれ。わかっている?わかっていないから自慰しているんだ。寂しいことをしてるんだよ。。そうやってモテずに死んでいくのは余りにも情けない。だからやってみよう。せっかくこの世に誕生できたわけだからモテよう。1人の女性を愛すのも多くの女性を魅了するのもありだしモテオーラを放つのはプラスでしかない。

超モテオーラには高い壁はあるが、あきらめるのはまだ早い。断言する。大丈夫だ。または、顔はかっこいいけど自信はない、背が低い?脚が短い?いやいや関係ないモテることは楽勝だ。顔もそうだ。芸能人をみるんだ。ブサイクでもフツメンでもモテていることがあるだろう、自信があるまたはついたからだ。また、メディアに出て認知されているのがモテにつながっていることも多く本当ならモテない人もいるんだ。一般人でもモテオーラをまとえば余裕で芸能人にでも圧勝するほどだ。

 

 

 

オナ禁して、頭がクリアになっていく中で向き合ってほしい自分と。

何のために生きているのかを1度立ち止まり考えてほしい。

 

何のために生きているんだと。

もしこのまま死んだら面白くないと思ったら考えてみよう。その為、考えるためにも先ずオナ禁、禁欲をしよう。

オナ禁は継続力の一端を担うことになるし、続けていること自体に自信がもてる。

 

禁欲しながら考える時間をどこかでもとう。

 

いつかはトリガーを引くことが出来るのを信じて。

 

改めて言うがこれはオナ禁ブログでは断じてない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

/ゴルゴライン\